ゾンビ伝説 |ビル・プルマン

ゾンビ伝説ゾンビ伝説
出演:ビル・プルマン /キャシー・タイソン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日 2002-09-27

人類学者のデニス(ビル・プルマン)は、死者を蘇らせるという秘薬を調査するためハイチを訪れたが、やがて黒魔術集団の秘密警察に襲われるなどの危機に瀕する…。
人類学者ウェード・デイヴィスの体験記『蛇と虹』を基に『エルム街の悪夢』などホラー映画の鬼才ウェス・クレイヴン監督が描いた、ミステリアスなホラー。ゾンビの謎をいわば科学的に解明しようとしていく過程で、ブードゥー教のおどろおどろしい儀式や、麻薬による幻覚症状やショックシーンを構築するなど、単に残酷趣味の作品に仕立てていないあたりが面白い。後に『インデペンデンス・デイ』で大統領まで演じるに至ったビル・プルマンだが、当時はこうしたB級テイストの作品に多数出演していた。(的田也寸志)

Is This Really a True Story? 2002-08-28
ハーヴァード大学のWade Davisが1985年に「実話」として売り出したベストセラー小説の映画化です。Davisの原作は人類学と精神薬理学を組み合わせて(と言っても中心は人類学です)ゾンビという現象を解明しようとする過程を描いたもので、最後まで結論らしい結論が出ないという難点を考慮しても尚、読み物としては良く出来た作品だったのですが、映画のほうは原作とは大幅に違い、一言でいえば「行動的に」簡略化されています。元々の原作が行動よりも仮定と理論に重点を置いているものなので、この映画版のストーリーも実にスロー・テンポで進行するのですが、結果的にはそのことが或る種のリアリティーを出すことに成功しています。現代のハイチで実際に行われているというゾンビ作りの儀式シーンは(その真偽はともかく)映像的に美しく見る価値はあると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | ゾンビもの
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。