死霊のしたたり2 |ジェフリー・コムズ

死霊のしたたり2死霊のしたたり2
出演:ジェフリー・コムズ /ブルース・アボット
ビデオメーカー
発売日 2001-04-13



笑えないブラックコメディ 2004-12-04
 このような作品に名を載せられて、H.P.ラヴクラフトも涙しているのではないだろうか。
 ストーリーは一応前作から続いているのだが、もう設定が強引。オープニングなんか、いきなりチャック・ノリスが出てくるんじゃないかと思うような戦場から始まったのには思わず爆笑。お笑いに走ったのかと思ったら、作りは真面目に作ろうとしてるみたいで、俳優さんは皆シリアス演技。
 しかしみんな言動と行動がころころ変わる。ウェストに「私が創った」と自慢された花嫁(誰がどう見てもフランケンシュタインの花嫁でしょう)は、そのしたのねもかわかないうちに「ただの細胞の寄せ集め」とこき下ろされた、この花嫁は本当に可愛そう。だったら蘇らすなよ!
 表現は相変わらず、グロイです。物語りの作りといい、これはある程度コアなホラーファン向け作品でしょう。
 ただ特典は以外に充実。メイキング映像がかなりあり、特殊メイクの舞台裏が存分に堪能できます。ちなみに前作のヒロイン、バーバラ嬢は出てませんので彼女目当てに見ても出てきませんので、念のため(笑)


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記 |トニー・トッド

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記
出演:トニー・トッド /パトリシア・トールマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2004-10-27



この映画で一番怖いもの 2004-08-20
それはエンディングのバーバラの顔アップでしょう(笑)。マジでぞっとしました。旧作とこの作品どちらが面白いかというのは、ファンの間でも評価が分かれますが私はこのリメイクの方が娯楽作という感じがして好きです。旧作のバーバラは最初の出番しか印象に残らなくて、あとはただわめいているだけだったので、観ていていらいらしました。バーバラがたくましくなってそれが解消されましたが、旧作にあった何かが失われてしまったのも確か。結局はあなたの好みしだいでしょう。でも失敗作と言われることは無いであろう作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3 コレクターズ・エディション |ジェフリー・コムズ

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3 コレクターズ・エディションRE-ANIMATOR 死霊のしたたり3 コレクターズ・エディション
出演:ジェフリー・コムズ /ジェイソン・バリー /エルザ・パタキー
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-05-07



前作「2」よりはパワーアップしています 2004-05-09
主人公のウェスト医師は13年前に逮捕され投獄されています。
そこから物語はスタートします。
狭い刑務所というエリアが舞台です。
スプラッター描写はとてもテレビで放映するのは難しい程、
ファンを満足させてくれるものだと思います。
でも、どーしても初回作「ZONBIO 死霊のしたたり」のインパクトが強く、比べてしまいがちですが、なかなかの秀作だと思います。
特典映像として、
1.オリジナル予告編
2.メイキング
3.監督、出演者のインタビュー
が含まれますが、メイキングとインタビューの映像が重複している部分があり
ちょっとガッカリ。
でもファンなら絶対買いでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊のしたたり スペシャル・エディション |ジェフリー・コムズ

死霊のしたたり スペシャル・エディション死霊のしたたり スペシャル・エディション
出演:ジェフリー・コムズ /ブルース・アボット /バーバラ・クランプトン /デヴィッド・ゲイル
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2004-11-26



悲願達成! 2004-10-01
ついに、ついに出た! この日をどんなに心待ちにしたことか。
某オークションでバカ高い値のついたLDを買おうかどうか散々悩んでましたが、待った甲斐がありました。
今からメチャクチャ楽しみにしています。早く発売日にならんかな♪


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊伝説 セーラムズ・ロット |ロブ・ロウ

死霊伝説 セーラムズ・ロット死霊伝説 セーラムズ・ロット
出演:ロブ・ロウ /ダン・バード /ドナルド・サザーランド /ジェームズ・クロムウェル /サマンサ・マシス
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2005-08-05



満足しました 2005-09-19
S・キングの作品の中でも好きだった『呪われた町』の映像化作品と聞いて期待半分で観たのですが・・・。
キングの世界がとてもよく出ている作品だと思いました。
オープニングで「え?!」エンディングで「・・・ああ、こういうのも有りだなぁ・・・。」と、私的には納得。
原作を読んで、これを観て、私の中の『呪われた町』が完結しました。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記 |トニー・トッド

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記
出演:トニー・トッド /パトリシア・トールマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2005-09-28



もはやゾンビリメイクはロメロファミリーが手掛けた方がいいのでは? 2005-11-15
本作は68年に公開された(日本では未公開)記念すべき一作目をトム・サビーニが監督で90年にリメイクされたゾンビ映画。最近ゾンビ映画の華が咲いてきた時期で、早くDVD化されないかと待ち望んでいた。そして去年ついにDVD化され、今年には廉価版も発売された。しかも仕様がしっかりしており、日本語吹替も収録され、映像特典では音声解説やメイキング等ゾンビファンとしては満足のいく仕上がりだ。内容は基本的にオリジナルと同じ。だが、人物設定に違いがある。バーバラはオリジナルと比べると強い女性に変身、ベンはこちらの方が冷静(バーバラを殴ったりしないし、クーパーを撃ち殺したりもしない)。トムは落ち着きが足りなく、恋人のジュディは只ギャーギャーうるさく余計足手まとい。クーパーは更に自分勝手で嫌らしい。妻のヘレンは協力的。ジョニーはもっと大人気ない。オリジナルと同じ設定だが、所々に違いをうまく出しており、もはやゾンビリメイクはロメロファミリーが手掛けた方がいいかも。アクションが目立ったリメイク『ドーン・オブ・ザ・デッド』とは質が違うのだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊のえじき 完全版 |ロリー・カーディル

死霊のえじき 完全版死霊のえじき 完全版
出演:ロリー・カーディル /テリー・アレクサンダー /リチャード・リバティー
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2004-10-22



傑作と断言出来る三部作 2005-04-10
本作はリビングデッド三部作の最終章で、その名の通り世界は既にゾンビに支配されている所から始まる。公開当時はロメロ自身も観客も満足にいかなかったようだが、個人的には三部作中一番好きな作品だ。冷静に協力し合えばいいのに対立しあう人間達の愚かさは健在で、あのラストも最終章に相応しいと思う。ロメロはやはり偉大な監督だ。確かに前作よりもアクションは衰えているが、ユーモアは満載で今ではロメロ自身も一番気に入っているとの事だ。BGMもなかなか気に入っている。ゾンビメイクもパワーアップしており、一番怖いし気に入っている。また、DVDは仕様も特典も充実している。画質は旧版と比較にならない程で最高だ。音声も6.1chEXで臨場感がある。特典もドキュメンタリーやオリジナル脚本など次世代DVDは不要な程だ(到底輸入版2枚組DVDには及ばないが)。欲を言えば日本語吹替も収録して欲しかったが…。とは言え、ノーカット版がDVDで復活したのはファンとしても非常に喜ばしい事だ。また、日本にとってはここまで特典が充実したゾンビDVDは初めてではないか。『最終版』は残虐シーンがカットされており、ファンにとっては極めて悪評(今となってはある意味貴重だが)。残虐シーンにもテーマがあると自分は思っている。現在ロメロは四作目を撮影中との事だがどんな作品になるのか非常に楽しみだ。だが、現在までに様々なゾンビ映画が他でも作られてきたが、ゾンビの恐怖を醸し出しただけのストーリー性がない物ばかりでゾンビ映画はただの怖い映画としか見られなかった部分もあり、非常に不愉快に思った。ゾンビ映画は本当は伝説の傑作なのだ(少なくともロメロゾンビは)。今後もロメロにはたくさん活躍して貰いたい。また、ロメロ非公式の本作の続編が製作されているらしいが、ちゃんとユーモアもストーリーも盛り込まれて欲しいと思う。ストーリー性が無かったらロメロが気の毒だ。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊のはらわた |エレン・サンドワイズ

死霊のはらわた死霊のはらわた
出演:エレン・サンドワイズ /ベッツィ・ベイカー /ハル・デルリッチ /サラ・ヨーク
ビデオメーカー
発売日 2000-11-10

1979年の秋、サム・ライミは、仲間と共にテネシーの森へ向かい、映画を撮る。ビクっとするシーンや、流血シーンが連続するショック映画ブームの先駆けとなる作品の誕生である。アッシュ(カルト好きのブルース・キャンプベルが演じている)たち5人の若者は、休日を郊外で過ごそうと、山奥にある貸別荘へとやってくる。そこで、彼らはテープ・レコーダーを発見し、テープを再生する。そのテープには死霊を解き放つ呪文が録音されていた。次々と死霊にとりつかれていくアッシュの仲間。倒すには、怪物の体をバラバラにするしかない。ライミは、このシンプルなストーリーラインに膨大なエネルギーを費やした。閉ざされた空間、アクロバティックなカメラアングル、粒子の粗いフィルムを使い、おどろおどろしい雰囲気を作り上げている。はっきり言って、続編の『死霊のはらわた2』や『死霊のはらわた3 /キャプテン・スーパーマーケット』ほどのスケールは感じられない。しかし、『死霊のはらわた』は、単なる殺人映画の域をはるかに脱している。サム・ライミの、オリジナリティにあふれたエキサイティングな手法は、低予算でも、想像力さえあれば非凡な作品を撮れるのだと教えてくれる。(Simon Leake, Amazon.com)

これぞホラー映画の傑作! 2002-06-20
 これは劇場で見ました。物語はある山荘に若者男女数人が集まり、休暇をすごすのですが、あるテープレコーダーのようなものを見つけます。再生すると奇妙な声が。な、なんとそれは、悪霊を呼び出す呪文だったのです。 カメラワークがいい。今ではすっかりおなじみですが、悪霊側の目線というか、地面すれすれのところを木々をよけながらカメラが走ります。一人、二人と悪霊化していくなかで、追い詰められていく人々。おお、こわ。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

新・死霊のえじき |ゲイリー・ミラー

新・死霊のえじき新・死霊のえじき
出演:ゲイリー・ミラー
アイ・ヴィー・シー
発売日 2000-06-25



期待が出来る 2005-05-10
本作は『新』とあたかもジョージ・A・ロメロの正当な続編のようなタイトルが付けられてしまったがこれは日本が勝手に付けたもの。決してロメロの続編ではない。しかし、内容は自主映画にしてはなかなかよく出来た作品だと思う。確かに画質は粗いが、カット割りもよく、ラストのグロテスク描写は圧巻。物語もよく出来ている(原因は分からないが)。終わりがけも次回作を期待させるような終わり方で、本作を監督したリーフ・ヨンカーの才能を感じた。本DVDに収録されている解説書(画面で見る)では彼がどのように映画を撮り始めたかが分かる。だが、本作に登場するゾンビは正確にはゾンビではないらしい。エンド・クレジットを見ると“ヴァンパイア”と英語で書かれている(だから劇中では噛みちぎる様子が少なく、血を飲む様子が多い)。また、通常のゾンビとは違って走るのも特徴。喋る者まで登場した。しかし、恐怖感を味わう事が出来る。ヨンカー氏がいつか“第二のロメロ”になれるのかどうかも期待が持てる。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

デビルズ・メイド 死霊家政婦 |エリザベス・インス

デビルズ・メイド 死霊家政婦デビルズ・メイド 死霊家政婦
出演:エリザベス・インス /デブラ・メイヤー /ロバート・ドナヴァン /アレックス・ピアボディ
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2001-08-24



もし 2003-12-13
B級ホラーがお好きなら、ぜひ。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊の門 |ロイ・シャイダー

死霊の門死霊の門
出演:ロイ・シャイダー /ローレン・ウッドランド /スーザン・ブリッジハム /テレサ・デ・プリスト
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2001-06-22



世に隠れもなきR指定のB級ホラー,でも傑作 2003-10-05
〜 役者志望のリック(クリスチャン・ハーモニー)とその恋人スーザン(スザンヌ・ブリッジハム),歴史学の論文執筆中のオーエン(ドン・マロニー)と数学専攻のタミー(ローレン・ウッドランド)という4人の大学生が掃除と修繕のアルバイトを兼ねて『幽霊屋敷』と呼ばれる野中の一軒家に滞在する。図書室でオーエンが発見した古い本によれば,昔ここには悪魔〜〜崇拝者のヴァン・バーレン(ロバート・ホール)という男が住み,妻のエヴリン(テレサ・デプリースト)と共に儀式を行い地獄の門を開いた。付近住民は彼等を封じて屋敷に火をつけ,焼跡にこの屋敷を建てたのだ,と。
〜〜
 幽霊など信じない4人はそれを笑い飛ばすが,シャワーを浴びているスーザンが「手」に襲われ,タミーの人形,オー!エンのコンピュータがめちゃめちゃにされるに至ってその存在を認めざるを得なくなる。4人は大学で心霊学を教えるラモント教授(ロイ・シャイダー)に助けを求め,教授はその秘書リディア(テレサ・デプリーストの二役)を連れて調査に赴く。実〜〜はリディアはバーレンとエヴリンの子孫だった……。
 いや途中で放り投げず是非最後まで観て,エピローグの字幕まで読んで欲しい。かつてこんな結末のホラーがありましたか皆さん,と言いたいような結末ですぜ。〜


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

ブギーマン〜死霊の鏡〜 |ロン・ジェイムズ

ブギーマン〜死霊の鏡〜ブギーマン〜死霊の鏡〜
出演:ロン・ジェイムズ /ジョン・キャラディン
ビデオメーカー
発売日 2001-03-16




さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊伝説 完全版 |デビット・ソウル

死霊伝説 完全版死霊伝説 完全版
出演:デビット・ソウル /ジェームズ・メイスン /ボニー・ベデリア
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2005-08-05




さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊波 |和田聡宏

死霊波死霊波
出演:和田聡宏 /貫地谷しほり /三浦誠己 /山崎樹範
ポニーキャニオン
発売日 2005-05-18



タイトルが生かされていない 2005-05-20
 量産されるホラーVシネマ(一部地域劇場公開ですが)のひとつ、そのレベルでしかないホラー映画。
 タイトルの死霊波じたい、面白そうなテーマなのですが、その内容があまり本編に影響が少ないような気がします。せっかくおいしい題材なのだからそこにポイント絞って作ったほうが良かったと思いますよ。
 前半はスローテンポで怖い映写は無し。物語をしっかり作ろうという姿勢は良いですが、退屈なのはいただけません。後半恐怖シーンが目白押しなのですが、どれもこれも目新しさは無し。タイトルとパッケージのふれこみで期待して見ましたが、正直いまひとつ。
 ただある程度は見れるレベルなので星3といったところですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊の罠 |小野みゆき

死霊の罠死霊の罠
出演:小野みゆき /本間優ニ /小林ひとみ /島田紳助 /桂木文
ビデオメーカー
発売日 2000-06-23

テレビ局に1本のビデオテープが送られてくる。そのビデオには女性が惨殺されるシーンが映っていた。最初は特殊メイクによるいたずらと思っていたが、本当の殺人現場を映したものだということがわかってくる。その謎を追う女性テレビレポーター名美は、TV局の仲間たちと撮影現場へ行くが、そこで次々とメンバーが惨殺されてしまう。
日本映画には珍しい本格的スプラッタームービーとして記憶に残る1作。監督は独特の色彩感覚のサスペンス作品を得意とする池田敏春であり、本作でも血の赤い色が強調されている。脚本は劇画家、映画監督として女性を描き続ける石井 隆。この作品のヒロインの名前名美は、彼のヒット作『天使のはらわた』シリーズのヒロインと同名である。(堤 昌司)

痛い、とにかく痛い! 2005-06-07
時はスプラッター全盛のご時世。その中でも、とにかく観ていた「痛い!!」って顔を歪ませる作品です。私の初見は10年以上前だと記憶していますが、未だに鮮明に映像が脳裏に浮かんできます。
鋭利な刃物で眼球を突き刺すシーン(これだけで、もう痛い)
ボーガンで今にも打ち抜かれそうなシーン。
と思いきや、実は大きな鉈でバッサリ!!
そんでもって犯人は・・・
久々にもう一度、見てみようかな。
マニアックな見解を言えば、小林ひとみのキャスティングは○!


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット〈ディレクターズカット版〉 |ブルース・キャンベル

死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット〈ディレクターズカット版〉死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット〈ディレクターズカット版〉
出演:ブルース・キャンベル /エンベス・デイビッツ /マーカス・ギルバート
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2003-08-29

強烈な狂気を発散し、真のホラー・ファンに愛されている『死霊のはらわた』。ヒネリの効いた独創性を持つサム・ライミ監督が、3部作をまとめた最終章だ。ライミお気に入りの俳優、ブルース・キャンベルもアッシュ役(前2作の主人公)でカムバック。金物屋の店員である彼が、未知のパワーによって14世紀の戦場にトリップする。おんぼろのオールドモービルを持ち、左腕にはチェインソーが取り付けられた彼は、すぐに自分のパワーを認識(中世には拳銃やチェインソーはないのだから!)し、中世の騎士たちを組織して、恐ろしい死人の軍隊に立ち向かう。
ライミは、大量の血しぶきを用意し、レイ・ハリーハウゼンの古典『アルゴ探検隊の大冒険』へオマージュを与える憎々しい骸骨たちに剣を持たせながら、その一方で、ホラー映画のお決まりの手法を覆すのを楽しんでいるようだ。壮絶なアクション・シーンというものは観ていて興奮するが、それが80分続くと、もうたくさんという感じになる。しかしライミの場合は、ごぞんじのように、観客が飽きる一歩手前で大騒ぎを止めてくれる。さらにラッキーなことに、この無謀な展開の映画は、ドラマが盛り上がっている途中でバッサリと終わってくれるのである。(Jeff Shannon, Amazon.com)

「腕よさらば」 2003-11-16
サム・ライミは「XYZマーダーズ」というドタバタ・コメディも撮っているんですよね。
本作も全編がナンセンス・ギャグの連発。
シリーズ3作目という振れこみがそもそもだまし討ちのイタズラ。
ホラー映画の金字塔のごとく扱われている前2作の続編としてこれを企画する所がまた彼らしいと思います。ブルース・キャンベルの熱演も見物です。買って損はありません。ところで、アッシュはSF映画の古典「地球の静止する日」を見ていないようですね。
あれさえ見ていれば大惨事を避けられたのに。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

新・死霊のしたたり |モード・アダムス

新・死霊のしたたり新・死霊のしたたり
出演:モード・アダムス /トミー・ヒンクリー /アリス・ビーズレー /クリント・ハワード
キングレコード
発売日 2003-05-01



The Very Misleading... 2003-05-13
女性ジャーナリストのKim(Neith Hunter)は或る女性の変死事件の謎を調査していく過程で表向きはオカルト専門書店を経営するカルト教団の女性リーダーFima(Maud Adams)の存在を知るが…。邦題はミスリードも甚だしい誠に以って不適切なものです(本作は『死霊のしたたり』とは何の関係もありません)が、実際の本作は『Silent Night, Deadly Night』シリーズ(1984年〜)の第4作目です。其のシリーズ第1、2作目までは幼少時に親を殺害されて精神を病んだ青年がサンタクロース姿で連続殺人を犯す姿を描いてきたのですが、第3作目辺りから話がおかしくなってきて、本作(脚本はWoody Keith)に到ってストーリー的には混乱の極地に達した感は否めませんが、それでもサブ・タイトル『Initiation』が示すカルト教団入団儀式シーンに代表されるBrian Yuzna監督の映像センスと関西出身の才人Screaming Mad Georgeによる特殊効果が一種独特な相乗効果を出すことに成功しています。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

スティーブン・キングの 死霊の牙 |コリー・ハイム

スティーブン・キングの 死霊の牙スティーブン・キングの 死霊の牙
出演:コリー・ハイム /ゲイリー・ビジー
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日 2004-05-26



アイドル 2004-08-31
 当時のアイドル、コリー・ハイム演じる車椅子の少年が活躍する狼男ものの青春ホラー。所謂マニア向けの作品ではないが、主人公の成長物語としての側面もあり、まとまりは良い。
 キング先生の原作、脚本も先生自身。監督のダニエル・アティアスは
スピルバーグ、コッポラやビム・ベンダースのアシスタントを務めていたとか。なるほど、納得。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by チャッキー | | 「死霊」シリーズ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。